神待ち少女と楽しむ

神待ちサイト
家出少女たちはもともと若者向けのコミュニティサイトの掲示版に書き込みをして、援助者を募っていたのです。
いくらか反応はあったものの、どうしても若年層が多いために年齢層が限定されてしまっていたのです。より広く援助者を募るために、家出少女たちは出会い系サイトを活用するようになりました。
しかし同時期に、出会い系サイト規制法ができ、出会い系サイトの利用には年齢確認が義務付けられたのです。

無料で使える神待ちサイトランキング

ランキング1位

FirstMail -神待ち少女を簡単に探せる神待ちサイト-

効率よく神待ち少女を探せる神待ちサイト。近所で泊まる所がなく困っている神待ち少女が多く登録しているため、その日のうちに出会うことが出来ます。
ランキング2位

らぶらぶメール -無料とは思えない豊富なコンテンツ-

豊富なコンテンツ量が魅力の神待ちサイト。無料にもかかわらず、他サイトに引けをとらないコンテンツ量と機能性を備えております。また、サポート体制も充実しているため、初心者の方にもオススメです。
ランキング3位

プチ神募集掲示板 -優れた検索機能で出会える神待ちサイト-

こちらのサイトの検索機能を使えば、すぐにタイプの神待ち少女を探せるため、時間をかけずに出会えます。また、セキュリティシステムにも特化しており安心・安全にサイト利用ができます。

大手神待ちサイトについて

出会い系サイトが利用できなくなってしまった家出少女を哀れに思った出会い系サイトの業者が立ち上げたのが、神待ちサイトなのです。 神待ちサイトの登場で散り散りになっていた家出少女が再び集結することになったのです。
ケータイからの利用もでき、写真掲載もできるようなサイトは大人気サイトとなり、一台ブームになったのです。 その中で比較的初期に立ち上げられたサイトは、女性会員の獲得に成功し、巨大サイトに成長したのです。
ケータイのネット広告を打って検索結果で上位表示されるようにしたり、インターネットカフェに置かれている雑誌にも広告を出したことが功を奏したわけです。
神待ちサイトでは、あくまでも援助を求める女性をリスト表示で掲載しているに過ぎないもので、サイトが男女の仲を取り持つことはしません。 したがって、神待ちサイトは出会い系サイト規制法の適応外とサイト側は考えており、実際にそれが認めらた形となっているのが現状です。
そのために、神待ちサイトは未成年者の利用を禁止してはいますが、年齢確認は行なっていないのです。 ですから、結局、年齢に関しては自己申告ということになり、実態として未成年者が多くサイト内に存在することになったのです。
また大きなサイトによくあることですが、サクラや業者、プロが一般女性を装って潜伏しています。
こうなると黎明期の目的とはかけ離れてしまい、サイトにいるのが本当は誰かということがわからなくなってしまっているのです。

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ